ユニットあれこれ

ユニットはいったいどういう基準で選んだらいいの?
そういう人のために、少し細かいお話をしてみます。
そんなのどうでもいいからお勧めを教えて!という人はスルーしてお勧め装備へGO!

ユニットの性能

y_unit001.jpg
ここに何の変哲もないフレキュさんがおります。
今回はこれを例に、ユニットの性能を見ていきましょう。

まずそのユニットを装備できるかどうかを決めるのが「必要技量」の項目です。
今回は「技量」が「261」以上あれば装備できるということになりますね。
ここの条件にはメイン/サブによる素のステータスに加えて、
「スキルツリー」「マグ」「クラスブースト」による増加分も含まれます。

次の項目には「打撃防御/125」と「炎耐性/8%」とありますが、
これは防御性能の一部が表示されているのみです。
また、特殊能力として「スタミナII」が付いていることがわかりますね。

これらの項目について、それぞれ見ていきましょう。

防御力と耐性

y_unit002.jpg
これがこのユニットの詳細なステータスになります。
装備条件に追加項目がありますが、ユニットでは特に気にすることはないと思います。

「詳細パラメータ」に「射撃防御」と「法撃防御」、各種属性耐性の項目が増えています。
今回のユニットでは打射法ともに「125」ですが、これは必ずしも一様ではありません。
特定の属性に強め・弱めの傾向があったり、極端な例では「射撃防御0」ということも。

この「125」という数字がこのユニットの基礎防御力です。
「アイテム強化」によってこの数字に倍率がかかり、+10のときに「175」となります。
最下部にある強化値というのがこの倍率で、最大で140%の倍率となります。
また、ここの防御力の数値には後述する「特殊能力」の能力値も含まれます。

耐性の項目もありますが、まずはこの防御力の数値の大小がわかりやすい基準です。

特殊能力

y_unit003.jpg
次は特殊能力、俗にOPとも呼ばれるものです。
ここはユニット固有の性能ではなく、自由にアレンジできる部分です。
ユニットの欠点を補うもよし、特徴を伸ばすのもよいでしょう。
詳しくは別項の「特殊能力追加」を参考にしてください。

今回のユニットには「スタミナII」が付いているので、
表記どおり、このユニットを装備すると「HP+40」されます。

前述のとおりこの部分は自分で変更できるので、
ドロップ・ビジフォン品をそのまま利用する場合に気にするくらいでしょうか。
特殊能力が多く付いてると、基本的には能力追加の際に楽なのでラッキー。

マターボードでもらえる装備では、最初からこの特殊能力が良いものがあります。
そのため、入手難度と性能の兼ね合いでマターボード品がお勧め装備としてあげられます。


隠しステータス

特定のユニットには、表示されない隠し性能があります。
次の画像は、装備を全部外した素のステータスです。 *含クラスブースト

■装備前
y_unit004.jpg

これに、先ほどのユニットを装備してみます。
「スタミナII」が付いていたので、装備後のHPは「762」になるはずです。

■装備後
y_unit005.jpg

装備してみたところHPが「782」になりました。
実はこのユニットには「HP+20」の隠し性能がついているのです。
そのため、特殊能力の「HP+40」とあわせて「HP+60」伸びました。

HP・PPが伸びるものは装備すれば例のように知ることできますが、
表示上では分からない「打撃耐性」「射撃耐性」「法撃耐性」もあります。
この隠しステータスもユニットを決める重要な要素となります。

なお、この隠しステータスは、クラフトするとなくなるので注意が必要です。

セット効果

ユニットを決める最後の要素として「セット効果」があります。
この効果によって、組み合わせのユニット・武器を2~4種類装備することで、
ステータスにボーナスが入ります。

おすすめ装備のひとつであるヒエイシリーズを例に見てみましょう。
y_unit006.jpg

セット効果が発動していると、メニューの[キャラクター情報]→[装備情報]で、
セット効果を確認することができます。
2種類の装備で発動するセット効果を組み合わせると、2つセット効果を得ることができます。

ヒエイシリーズはリア・アーム・レッグそれぞれ1種類の3つしかありませんが、
ファーレンシリーズに至っては、なんとユニット12種・武器17種から組み合わせられます。すごい。

このセット効果も影響が大きいので、
セット効果が発動する同一シリーズでユニットを固めるのがいいですね。
クラフトすると隠しステータスが消える関係上、
このセット効果が高いユニット(シリーズ)は、クラフト向きであるともいえます。

まとめ

ユニットの性能は、まずは死なないようにすることを目的に選ぶとよいと思います。
ステータスやPPなどの攻撃性能を上げるのはその次です。

ざっくり今までのものをまとめると、
  • 打撃・射撃・法撃防御の値
  • 隠しステータス:HP・PP・打射法耐性
  • セット効果
これらを総合して使用するユニットを決めて、そこに好みの特殊能力をつけていくことになります。

  • 最終更新:2015-10-26 14:22:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード