新世武器

EP4から新たに導入された武器の区分。
それ以前の武器を旧武器として、強化の仕方も旧強化方法となる。
新世武器はNT武器とされ、同名の旧武器がある場合には武器名の後ろに「-NT」と付く。

新世武器の強化方法

効率重視の場合には主にエンペ・エンブレイス付きの武器を素材にすること。
(エンペ・エンブレイス付きはエンペ・ラッピーからドロップ)

強化方法1 (ラムグラ消費:小、メセタ消費:大)

★7~9のエンペ・エンブレイス付きのNT武器を素材にして、★12NT武器を強化していく。
強化した★12NT武器を素材として、★13NT武器を強化する。
※★12NT武器+30を1本作製するのに、上記の方法で1M以内で作れる。

必要な素材1 (大成功100%未使用)
★12NT+13 1本
★12NT+26 3本
★12NT+30 1本
ラムダグラインダー 5個

必要な素材2 (大成功100%使用)
★12NT+26 1本
★12NT+30 2本
ラムダグラインダー 3個
強化大成功100% 2個

強化大成功100%が40万以下の場合には、必要な素材2のパターンで強化したほうが安価に済む。

★13+0→+10までは必要経験値2000ぐらい。
★12NT+26だと大体2000ぐらいなので、ここで1本。
+10になると潜在解放必須なので、フォトンスフィア使用して解放Lv1。

★13+10→+20までは必要経験値3300ぐらい。
★12NT+30を1本入れる。大成功なら+20、成功なら続けて★12NT+13を入れて+20。
※大成功100%が安い場合には、購入して大成功にしたほうが安価で済む。
+20になると潜在解放必須なので、フォトンスフィア使用して解放Lv2。

★13+20→+30までは必要経験値4000ぐらい。
★12+26を2本入れる。ここで先に同名★13を入れて属性と上限値を上げておいてから、★12NT+26を入れたほうがよいと思われる。
※大成功100%が安い場合には、★12NT+30に大成功100%併用で+30にしたほうが安価で済む。
+30になると潜在解放必須なので、フォトンスフィア使用して解放Lv3。

  1. 31以降は同名武器1本合成する毎に、強化上限が+1される。(最大+5まで)
なので、同名武器が5本必要となる。
同名武器を合成するタイミングは+30以降限定ではなく、どのタイミングでもよい。

強化方法2 (ラムグラ消費:大、メセタ消費:中)

ドロップした★7~9NTのエンペ付きを強化したい★13NTに直接入れる。

必要な素材
★7~9NT(エンペ付き) 大体70本(鑑定時の+値で若干変動)
ラムダグラインダー 大体70個(上記の武器素材と同様の個数)

エンペ付きの武器を入れた数だけラムグラを消費する。
その代わりに1.5Mほどで+30まで強化可能。
ジグオーダーや緊急クエストなどでラムグラが余っており、エンペのストックがある人向け。

強化方法3 (ラムグラ消費:中、メセタ消費:大)

エンペ素材を使わずに強化する方法。
ドロップする★4~6NT武器を同名品のみ集めて合成後、★13NTに入れる。
ここでは例として★6NT(ヴィタキャリバー)とする。

必要な素材
★6NT(ヴィタキャリバー)+35 28本
ラムダグラインダー 28個

まずは★6NT+35作成のために集める。買ってもよいがドロップ品推奨。
戦道コレクトで用があったため、コドッタ・イーデッタ討伐のボンタ・バクタ(自爆する爆弾ダーカー)のドロップ品を集める。
19本と店売り(800メセタの★1)で+35が1本作成できる。費用は合計で約10万メセタ。
あとはこれを28本作成して★13NTに入れるだけ。
エンペがない場合には有効な方法だと思われる。

強化方法4 (ラムグラ消費:大、メセタ消費:小)

★7~9NT(エンペ付き)を店売り★1(800メセタ)に特殊合成して、★1(エンペ付き)にして★13NTに入れる。

必要な素材
★7~9NT(エンペ付き) 大体100本
店売り★1 大体100本(上記と同数)
ラムダグラインダー 大体100個(上記と同数)

ラムグラは旧武器強化時に近い数を消費するものの、費用は50万程度で済む。
ラムグラとエンペ素材が大量にある場合に有効な強化方法。


  • 最終更新:2016-09-22 19:29:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード